読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライターになりたいんだって言ってるでしょ

わたしはとにかくライターになりたい。とにかくとにかくとにかくライターになりたい。言葉ってすばらしいんだもの。すてきなんだもの。ライターになりたいと夢見て早15年。21歳女学生のぽつりぽつり。

近所のパン屋のキャラが濃すぎる

今日はある会社の単独説明会があった。就活イヤイヤ病を絶賛発病中の私だが頑張って行ってきた。えらい。

今はその単独説明会の帰りである。今日はよく頑張ったから休憩して帰ろうと、近所のパン屋のイートインでパンとコーヒーを頼んでイートインコーナーに向かった。

どこに座ろうかと辺りを見回すこと数秒。

大抵席を探すときは、空いている席が密集しているところか、両端に人が座っていたとしても普通そうな人が座っているところを探す。

今日は空席があまりなく、人と人の間にぽつんとひとつ席があいているくらいの状況だった。

じゃあもう空席が密集しているところはないのはしょうがないと諦めて、どの人の隣に座ろうか思案して、周りの人をちらりと見る。



まあキャラの濃いこと。


じっと何をするのでもなく腕組みをしてまばたきもせず前方を睨んでいるおじいさん。顔がめちゃめちゃこわい。
そして、なぜか鈴のついたストラップがついている黄緑のバンダナを被り、リンリンと軽快にその鈴を鳴らしながら何かお手玉のようなものを縫っているお婆さん。
そしてそんな周りの人たちをじっと見つめながらにたにたしているおばさん。この人に関しては前も見たことがある。


終わった、と思った。


どの席に座ってもくつろぐことは不可能でしかなかった。


もうそれならいっそ一番近い席に座ってしまおうと、荷物を置き、腰掛ける。


咄嗟に座った席は、前方を瞬きなしで睨み続けるおじいさんの向かいの席だった。そりゃあもう、かなり睨まれる。

そして隣には鈴のついたバンダナを被ったおばあさんがいる。リンリンシャンシャンと鈴の音がイートインスペースに響きわたる。


向かいの席の斜め右を見ると、にたにたおばさんと芽が合う。勘弁してほしい。


これはもう気にせずさっさとパンを食べるしかないと思い、前方睨みおじいさんとにたにたおばさんの視線を意味の分からないプレッシャーに感じながらパンを口に入れた。

焦って食べていたからか器官に入ってむせてしまい、コーヒーを噴き出しそうになってしまったが、自分がここでコーヒーを噴き出したら、私もキャラの濃い客の仲間になってしまうかもしれない(自分でも何がなんだか意味が分からないが)と、必死で堪えた。


そうしてしばらくのあいだ私のゴホゴホと咳き込む音と、リンリンおばあさんの鈴の音のコラボを暫く披露していたのだが、相変わらずおじいさんはにこりともせずに前方(つまりは私である)を睨み、咳き込む私をにたにたおばさんはやはりにたにたしながら見つめていた。

なんともシュールな光景である。



とまあここまで書いたが、にたにたおばさん以外全員帰ってしまったのが今現在の状況だ。


新しい普通そうな(言い方が酷いが)客も入ってきて、多少くつろげるスペースになってきた。ありがたい。


それにしてもここの店員さんは大変だろうなあ、こんなキャラの濃いお客がたくさん来るんだから。

まあ見ていて飽きないし楽しかったりもするだろう。
皆多少おかしいけれど挨拶やお礼はちゃんと言えていて、そんな立派な大人達だから害はないだろうし。



ぜひともこのメンバーにまた会いたいと思いながら、もうすっかりコーヒーが冷めてしまったので一気に飲んで私も帰ることにする。


ちゃんちゃん。